都市銀行とは

都市銀行とは大都市に本店を置く普通銀行のことをいいます。統計上の分類では、銀行法で普通銀行に属し、全国的な展開をしていて主な取引先が大企業である銀行のことです。といってもこれらは統計をとるときの分類にすぎず、基本的に法的な条件などが設けられているわけではなく、絶対的な基準はありません。しかし今日の日本で都市銀行とされる銀行は5行しかありません。

国内で都市銀行とされているのは、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、埼玉りそな銀行、りそな銀行です。しかし埼玉りそな銀行は埼玉に本店があり、都市銀行とされない場合もあります。りそな銀行以外の銀行はすべて東京に本店があります(りそな銀行は大阪)。

都市銀行のなかでも、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の3行はメガバンクと呼ばれています。メガバンクというのは莫大な預金残高を持つ銀行のことで、すなわちよく利用されている銀行ということでもあります。海外でもメガバンクと言われるような銀行は存在し、個人の利用はもちろん大企業の利用も多いという特徴があります。そのため都市銀行と混同されがちですが、都市銀行のなかでも規模の大きいもののことをメガバンクと呼びます。

都市銀行以外の銀行は地方銀行、第二地方銀行、信託銀行などがあります。さらに従来の銀行業務以外の仕事も請け負う「新たな形態の銀行」なども増えており、昨今の銀行はより多くのバリエーションがあります。しかし銀行の幅が広がることで利便性は高くなりましたが、それだけ銀行選びが難しくなったという意見もあります。

CONTENTS