都市銀行と地方銀行との違い

都市銀行と地方銀行の違いがよく分からないという話をよく聞きます。個人の利用者からしたら都市銀行も地方銀行も同じ銀行なので、大差なかろうという思いがあるようです。しかし口座を開設するときにどちらに口座を開くべきか迷ったことのある人も多いでしょう。実際に2つの銀行は違いがあります。しかし結論からいうと、個人よりも企業のほうがその違いによる影響が大きいでしょう。

というのも都市銀行と地方銀行は、まず取引相手が違います。地方銀行は各都道府県に本店があり、それぞれの地元の個人や企業を相手に積極的な取引を行っている場合がほとんどです。地産地消といった具合に、地方を重視した資金の循環を行って地域社会に貢献しているのです。

都市銀行はあくまでも全国的に営業しているため、地元重視という考えはありません。取引先の企業も大企業が基本で、中小企業であっても地元の会社であれば好意的に取引する地方銀行とは異なったスタンスにあります。このように経営する上での姿勢が異なるため、融資を受ける側である企業は特に銀行選びを重視する必要があるのです。

昨今はネット銀行や新たな形態の銀行も続々と出ていますが、これらも基本的に都市銀行とは異なった銀行です。都市銀行と同じく全国的に利用を促進するスタイルではありますが、主な収益が預金以外にATMの手数料であったりするなど比較的小規模な経営方針なため、大企業と取引する都市銀行よりも小さな銀行といえます。

CONTENTS